どんなに逃げても、後からカフェが追いかけてくる

タイトルは大好きな映画「マグノリア」の名台詞から。別に逃げてもないし、追いかけられてもないです。

Bar Nine@Culver City,Los Angels

2017.12

(もうだいぶ経ってますけど…)

年末に行ったLA・シアトル旅行で出向いたお店をこれからいくつか紹介します。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182436j:image

1軒目はこちらのお店、Bar Nineです。

 

LAダウンタウンとサンタモニカを結ぶエクスポラインという路線(電車)のちょうど真ん中あたり、Culver Cityというエリアにあるお店です。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182734j:image

入り口にはこのサインのみ。

超かっこいい。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182804j:image

近づくとドアがあって、入ると1枚目の写真のような光景が広がります。

f:id:kozou_kozou:20180415182903j:image

このバリスタさん初め、スタッフの気さくな対応も素晴らしいんですが、とにかく腕がいい!

一応、こんなブログやってますんでそれなりにカフェ巡ってますけど、確実に自分の歴史に刻まれる素晴らしいラテでした。

 

f:id:kozou_kozou:20180415183040j:image

このクッキーも美味しくて…

 

f:id:kozou_kozou:20180415183111j:image

一口飲んで、口の跡が残るのは最高のラテの証ですよ。

f:id:kozou_kozou:20180415183232j:image

店内は驚くほど広々としていて

f:id:kozou_kozou:20180415183302j:image

(おそらくは)お近くで働く皆さんが、思い思いにリラックスされてました。

 

あまりに美味しかったもので、当然コーヒー豆も購入したのですが、ゲイシャも16ドルとかで買えて、日本との値段の差に驚きました(思わず「え?16?60でなく?」と聞き返してしまったほど)。

 

不思議なもので、素晴らしいバリスタは、例外なく手際も良くて。流れるような動きで、談笑しながらでもスピーディーに抽出やラテ作りをこなしていきます。もちろんこちらも例外にもれず。

 

味も雰囲気も居心地のよさも、ひとつの文句なくおすすめできるお店です。

お近くまで行かれる方はぜひ。

 

ところで、店内に飾られていたこのアート…

f:id:kozou_kozou:20180415183907j:image

上の方に入ってるサイン…MIKE Dって…ビースティーズのリーダーの…MIKE D!?

まじかよと思い、バリスタに聞いてみたものの「オーナーのだから全然わかんないんだよね」とのことでしたとさ。

 

Bar Nine
3515 Helms Ave, Culver City, CA 90232 アメリカ合衆国
+1 310-837-7815
https://goo.gl/maps/faNXrnLyRBJ2

 

https://www.facebook.com/BarNineLA/

 

https://barnine.us/

 

 

 

 

 

COLOSO COFFEE TOKYO@原宿

2017.06

 

東京の中でも密集具合トップクラスの街である原宿では、なかなかほっと一息つける場所を見つけることができません。

 

そもそも服やら靴やらカバンやら買いに行き、大きな荷物を持ったままカフェを探すのは大変なわけで、そのまま同じ店でコーヒー飲みながら休憩できれば最高なわけですが…

 

というような僕らの期待に応えた最高の店がこちらです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029203609j:image

COLOSO COFFEE TOKYOさんです。

  

f:id:kozou_kozou:20170918234940j:image

正面から見るとこんな感じ。

 

アパレルショップであるNordic Life Marketさんの入口に位置してます。

http://nlm.tokyo/

完全に余談ですが、僕はこちらで売ってる服も好きでよく買ってます。

f:id:kozou_kozou:20170918235013j:image

カフェは、カリフォルニアのオークランドにあるお店の二号店。二号店にして、いきなり海外というのがすごいですね 。

f:id:kozou_kozou:20171128005406j:image

こちらはドリップコーヒー以外ワンサイズなのですが、基本大きめたっぷりサイズです。ちょっとおトクな感じ。 

ビールやレモネードもあります。

 

(タバコすえるので僕は行かないのですが)なんと屋上にコーヒー持ち込んで飲むこともできます。

写真は敢えてあげてませんので(笑)

ご興味ある方は是非現地へ。

 

スタンドではありますが、リラックスできるイスもあり、原宿の喧騒で一息つける大事なスポットです。

 

COLOSO COFFEE TOKYO
03-3403-2772
東京都渋谷区神宮前3-21-1
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13201322/

 

 

 

THINK OF THINGS@原宿

2017.08

 

文房具にこだわりがある方は多いと思うんですが、僕も仕事で使うメモにはこだわりがありまして、KOKUYOのリングノートの表紙が硬いやつを使っています。

紙の書き心地と、表紙のちょうどいい硬さが下敷き代わりになってとても使いやすいのですが、売っているところが少ないところが難点です。

 

そんなKOKUYOさんが原宿に建てられた施設がこちらTHINK OF THINGSです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029212217j:image

 

 http://think-of-things.com/

 

1Fがショップ&カフェ、2Fがスタジオとしてレンタルスペースになっています。

最近は映画の上映イベント(Film about coffeeなど)もやってるみたいです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029212402j:image

コーヒーは、安定のObscura Coffee Roastersさんによるもの。つまり間違いない。

 

f:id:kozou_kozou:20171119230027j:image

カウンターの横を抜けるとテーブル席がありまして、その先には(写真は中側から入口を撮ったものなので逆です)

 

f:id:kozou_kozou:20171119230140j:image

こんな感じのお庭もあります。

晴れていると本当に気持ちいい。

f:id:kozou_kozou:20171119230507j:image

 

f:id:kozou_kozou:20171119230108j:image

フードはパンのみなんですが、惣菜パン(ツナパンやらたまごパンやらコロッケパンやら)や菓子パン(あげパンやらあん&チーズパンやら)が充実していて、とても美味しいです。

 

f:id:kozou_kozou:20171119232254j:image

KOKUYO製品に囲まれながら(改めてそのかっこよさに気づくと思います)、美味しいコーヒーと美味しいパンがある。

書くとシンプルすぎますが、書いたままに実現することは相当難しいことです。

これこそがcool japanなのでは?と思わされる素晴らしい施設ですので、ぜひお出かけください。

 

シンク オブ シングス
03-6447-1113
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13209055/

東京茶寮@三軒茶屋

2017.01

 

今回はコーヒーでなく、お茶です。

 

名店Obscuraを擁する三軒茶屋に、お茶を面白く出してくれるお店が出来たということで行ってきました。

f:id:kozou_kozou:20170918000258j:image

東京茶寮さんです。

ちなみに、大変人気なご様子で。一時間待ちました(予約できます)。 

f:id:kozou_kozou:20170918000346j:image

店内には大きなコの字カウンター。

中にはお茶のバリスタさんが。

f:id:kozou_kozou:20170918000520j:image

メニューは煎茶2種飲み比べにお菓子が付いて1,300円。

f:id:kozou_kozou:20170918001054j:image

今回はこちらの二つを選んでみました。

f:id:kozou_kozou:20170918001303j:image

丁寧にグラムを計りながら茶葉を用意してくれます。

f:id:kozou_kozou:20170918001119j:image

抽出はこちらのドリッパーで。

まるでサードウェーブのお店です。

f:id:kozou_kozou:20170918001144j:image

お茶なので、しばらく蒸します。

f:id:kozou_kozou:20171005225649j:image

f:id:kozou_kozou:20171005234807j:image

くいっと上げると、ドリッパーにお茶が落ちるという仕組み。

f:id:kozou_kozou:20171005225807j:image

さて、いただきましょう。

二の煎、三の煎といただくので、気分はまるで三成が淹れたお茶を飲む羽柴秀吉といったところ。

f:id:kozou_kozou:20171005234543j:image

こちらはお菓子。

 

f:id:kozou_kozou:20171005234835j:image

もちろんお茶を購入することも可能です。

なかなか日頃、お茶をゆっくり飲む機会はないわけですが、茶室に行くのは敷居が高いし…という方にはうってつけ。

ゆっくりじっくりお茶の魅力に浸れるスポットです。

 

東京茶寮
東京都世田谷区上馬1-34-15
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13204215/

http://www.tokyosaryo.jp/

 

 

KOFFEE MAMEYA@原宿

2017.01

かつてこの地には「OMOTESANDO KOFFEE」がありました。

古民家の中に、正方形のカウンター。その中に白衣のバリスタが1人というスタイルは国内外に多くのファンを抱え、東京のコーヒー文化を代表する存在だったわけですが…2015.12に多くのコーヒーファンに惜しまれながら、建物の関係で姿を消すこととなったわけです。

 

そこから一年。

この「コーヒーファンにとっての約束の地」に、形を変えてバッカゲン(back again)です。

 

 f:id:kozou_kozou:20170918225327j:image

 入り口はこんな感じ。原宿の住宅街に突如現れる印象です。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225352j:image

一歩足を踏み入れたところ。

以前のOMOTESANDO KOFFEEを知っている方からすると、変わったなという印象はありつつも、根本的なセンスの変わらなさに嬉しくなることでしょう。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225423j:image

そう。ここがKOFFEE MAMEYA。

OMOTESANDO KOFFEEがリニューアルした姿です。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225504j:image

店内には依然と変わらぬ白衣のバリスタの姿が。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225544j:image

まるで香港とかの漢方薬専門店のように、壁面にコーヒーが並べられています。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225602j:image

1人1人じっくり接客していくスタイルは、接客を超えてもはやカウンセリングの域。

豆を購入すると付いてくるペーパーには、その豆の適温や分量のアドバイスまで書かれています。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225638j:image

選んだコーヒーは購入はもちろん、ペーパードリップでいただくこともできます。

 

f:id:kozou_kozou:20170918225711j:image

f:id:kozou_kozou:20170919003253j:image

f:id:kozou_kozou:20170919003324j:image

この、豆を入れてる袋がまたオシャレなんですわ。テイクアウトが基本ですが、混んでなければ店内で立って飲んでいくことも可能です。

 

f:id:kozou_kozou:20170919003630j:image 

味もスタイルも、東京でコーヒーを語るなら、欠かせないスポットであることに間違いはありません。コーヒー好きを自称するならマストゴーです。

 

http://www.koffee-mameya.com

 

 

 

 

 

PARIYA & BBW@新宿

2017.04

 

ジェラートって美味しいですよね。アイスクリームもいいんですが、ジェラートの爽やかな味わいの後に、美味しいコーヒーで締められるとこれ最高です。

f:id:kozou_kozou:20170416105136j:image

そういうことできるところって意外と多くないのですが、ここはそんな最高が約束されているお店。新宿のルミネ2にあるボンジュールレコーズ内にあるパリヤ&ボンジュールブラウンウォーターさんです。

f:id:kozou_kozou:20170416210315j:image

代官山にある超絶オシャレセレクトショップ(kitsuneなどを扱っています)であるボンジュールレコーズさんが、自身のコーヒースタンドと青山にあるジェラートカフェPARIYAさんのコラボとして出しているお店です。

 

f:id:kozou_kozou:20170416210548j:image

ジェラートもコーヒーもまずは、レジで注文。ジェラートはシングル400円、ダブル480円。

コーヒーはハンドドリップでいただけて280円。かなりリーズナブルです。

 

f:id:kozou_kozou:20170416210942j:image

サードウェーブスタイルでドリップしてくれますが、お味はサードウェーブ系ではなく、さっぱりしていますので、酸味が苦手な方にはむしろおすすめです(新宿にはブルーボトルとヴァーヴコーヒーがありますので、サードウェーブ系も充実してます)。

f:id:kozou_kozou:20170416211915j:image

豆も販売しています。

 

f:id:kozou_kozou:20170416212015j:image

今回はこちらのハンドドリップと

f:id:kozou_kozou:20170416212129j:image

ジェラートをダブルでいただきました。

お店の中には、狭いながらもイートインスペースもありまして。なかなか混雑してるエリアなので空くことは難しい時もありますが、店内に流れるステキな音楽を楽しみながらいただけますよ。

 

元は名前のとおり音楽含めのセレクトショップですので、セレクト本当素晴らしくて、きっと新しい音楽との出会いもあると思います。

 

僕にとっては、コーヒー、ジェラート、音楽と三拍子揃ってる大切な場所で、これからも通い続けたいお店です。

 

パリヤ アンド ボンジュールブラウンウォーター ルミネ新宿店
03-5325-3533
東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿LUMINE2 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13142808/

カフェの音楽 vol.1

今回はおすすめのカフェではなく、音楽の話を。

 

僕が尊敬してやまない、鎌倉のカフェ、ヴィヴモン・ディモンシュ(cafe vivememt dimanche@鎌倉 - どんなに逃げても、後からカフェが追いかけてくる)のマスター堀内隆志さんが毎週FM YOKOHAMAでDJされてまして。

https://www.fmyokohama.co.jp/sp/program/ShonanbytheSea

 

その中で紹介されていたインドネシアのシティポップを今回ご紹介します。つまりは、受け売りです笑。

 

とは言え、敬愛するマスターのレコメンドといえど、そんな簡単には受け売りしないわけでして。本当に素晴らしく、カフェのBGMにもぴったりだと思うので、このブログでもおすすめさせていただきます。

 

インドネシアのシティポップといえば、耳の早い方であれば、ikkubaruをご存知かもしれません。

ikkubaru - seaside (official MV) - YouTube

 

僕もikkubaruは一応知っていたのですが、堀内マスターがオススメされたのはこちらの二組です。

 

まずは、Vira Talisa。

女性シンガーで、ボサノヴァを基調にした爽やかでキレイな声とメロディ。カフェでこんな曲流れ出したらちょっとたまらんです。

Vira Talisa - If I See You Tomorrow - YouTube

ジャケもかわいい!

Vira Talisa - EP

Vira Talisa - EP

  • Vira Talisa
  • ポップ
  • ¥1000

 

もう一組はMondo Gascaro。

こちらは男性ボーカルで、よりシティポップな感じです。

Mondo Gascaro - Rainy Days on the Sidewalk - YouTube

ちょっとキリンジとか近いですかね?

名前はMondo Grossoに似てますけど、好きなんでしょうか笑?(すいません、本当にインドネシア音楽に疎くて…)。

RAJAKELANA

RAJAKELANA

  • Mondo Gascaro
  • シンガーソングライター
  • ¥1350

 

二組共、それぞれ本当に素晴らしい美しい音楽なのはもちろん、今、日本にはここらへんが足りてない感じもするんですよね。Suchmosの様なめちゃかっこいいバンドも出て来ているので、アジア全体でこういうシティポップ感が盛り上がっていってくれると個人的には嬉しいです。