どんなに逃げても、後からカフェが追いかけてくる

タイトルは大好きな映画「マグノリア」の名台詞から。別に逃げてもないし、追いかけられてもないです。

Starbucks Reserve Roastery And Tasting Room@Seattle

2017.12 

 

LAの後にシアトルにも行ってきました。

お目当はこちら。

f:id:kozou_kozou:20180516082310j:image

スターバックスのロースタリーです!

 

f:id:kozou_kozou:20180516082418j:image

一号店のあるパイクプレイスとは異なり、パイクストリートというエリアにあります。

外観はこんな感じ。すでに、趣きがやばい。

 

f:id:kozou_kozou:20180516082439j:image

そして、入るとこれです。

 

f:id:kozou_kozou:20180605225217j:image

何人いるかわからないくらいのたくさんのバリスタと、何台あるかわからないくらいたくさんのエスプレッソマシン。

 

f:id:kozou_kozou:20180605225620j:image
f:id:kozou_kozou:20180605225615j:image

そして、奥に鎮座する巨大ロースターの数々!

もちろん焙煎の過程をライブで見ることができ、焙煎士の皆さんとコミュニケーションをとることもできます。

 

f:id:kozou_kozou:20180605225925j:image
f:id:kozou_kozou:20180605225931j:image

そして、こちらはグッズもめちゃ充実してまして、(たぶん)ここでしか買えないもの、特にアパレルは購入してる人多かったです。

 

f:id:kozou_kozou:20180605225920j:image

僕もこちらのスウェットを購入。

espresso yourself!!

 

f:id:kozou_kozou:20180605230900j:image
f:id:kozou_kozou:20180605230907j:image

コーヒーは日本のリザーブバー同様、抽出方法を選んで一杯ずつ丁寧に用意してくれます。

 

f:id:kozou_kozou:20180605231201j:image
f:id:kozou_kozou:20180605231156j:image

 

そして、充実しているのがパン。

f:id:kozou_kozou:20180607190358j:image

プリンチというイタリアのパン屋さんが入ってるんですが、たまらなく美味しいです。


f:id:kozou_kozou:20180607190404j:image


f:id:kozou_kozou:20180607190408j:image

そして、こんなビーフシチュー的なやつまで!

食事も充実です。

 

f:id:kozou_kozou:20180613192021j:image
f:id:kozou_kozou:20180613192016j:image
f:id:kozou_kozou:20180613192026j:image

 

素晴らしすぎて、シアトルにいる間毎日通ったんですが、それでも全然飽きません。

スターバックスの「リーディングカンパニーとしての誇りと意地」みたいなものを見せつけられる素晴らしい施設ですので、コーヒーラヴァーの方は是非行っていただきたいです。

 

とは言え、シアトルは…というあなたに朗報!

来年には、東京中目黒にもロースタリーが完成予定!これは行くしかない!

 

スターバックス
1124 Pike St, Seattle, WA 98101 アメリカ合衆国
+1 206-624-0173
https://goo.gl/maps/NEBoBUoHg152

 

 

Eightfold Coffee@Los Angels

2017.12

 

f:id:kozou_kozou:20180512114728j:image

Culver Cityの2軒に続いて、今回もLAのお店です。

 

f:id:kozou_kozou:20180519002920j:image 

サンセット通り沿いにあるお店Eightfold Coffeeさん。現地在住の友人に車を出していただけたので行けたんですが、車なしにはちょっと厳しい場所です。

 

f:id:kozou_kozou:20180519002943j:image

ご覧のとおり相当オシャレですわ…

 

f:id:kozou_kozou:20180519003008j:image

結構そこかしこに「和」の要素が織り込まれてまして。他のお店にもそういう部分あったので、LAで和のテイスト流行ってるのかも。

 

f:id:kozou_kozou:20180519003029j:image

意外と店内広々としていて、LAらしくゆったり過ごせます。

 

f:id:kozou_kozou:20180519003056j:image

ちょっとコーヒー飲みすぎてたんで抹茶ラテを頼んだんですが、抹茶をきちんと茶碗で点てていてびっくりしました。

きちんと抹茶の深い味がしつつ、きれいなラテアートで素晴らしい。

 

f:id:kozou_kozou:20180519003118j:image

ただ、茶碗持って点ててたんで「おい!」と心の中で突っ込んだのは秘密です(笑)

 

 

Eightfold Coffee
1294 Sunset Blvd, Los Angeles, CA 90026 アメリカ合衆国
+1 213-947-3500
https://goo.gl/maps/tcEd6s6GmZF2

 

 

Destroyer@Culver City.Los Angels

2017.12

 

1個前のBar Nineと同じ、カルバーシティーというエリアにあるお店です。

(http://cafeoikake.hatenablog.com/entry/2018/04/15/184249)

 

f:id:kozou_kozou:20180416223631j:image

 

その名もデストロイヤー。

f:id:kozou_kozou:20180416223837j:image

もちろん覆面も被ってませんし、脚4の字固めもされませんのでご安心を!

 

f:id:kozou_kozou:20180417010729j:image

外観も

 

f:id:kozou_kozou:20180417010822j:image

店内もとにかくオシャレですよ。

 

f:id:kozou_kozou:20180417010856j:image

メニュー?

紙でなんて見せてくれませんよ。

白い壁にプロジェクターで映すんです!

 

f:id:kozou_kozou:20180417010928j:image

店内にはあまり席はなく、テラスで食べてる人も多かったですね。

f:id:kozou_kozou:20180427010741j:image

この日は朝食も兼ねてだったので、結構食べたのですが、右側のはアボカド料理でして、キウイソースでいただきます。

f:id:kozou_kozou:20180427011004j:image

コーヒーもこんな感じ出てきまして、なんでしょうねこのモコモコした可愛すぎるスリーブは。

f:id:kozou_kozou:20180417010656j:image

DestroyerやBar NineのあるこのCulver Cityというエリアはこういったかっこいい建築物が多くてですね。

f:id:kozou_kozou:20180427011154j:image

こんなのや

f:id:kozou_kozou:20180427011227j:image

f:id:kozou_kozou:20180427082408j:image

f:id:kozou_kozou:20180427082427j:image

f:id:kozou_kozou:20180427082442j:image

こんなのも。

基本的には倉庫やオフィスばかりなのですが、みんなかっこいいので飽きずに歩けます(これらは全てEric Owen Mossという方のデザインだそうです)。

 

Culver Cityの駅前は今後再開発が予定されているようで、このエリアもどうなるかわかりません。

素晴らしいエリアなのでLA・サンタモニカあたりに行かれる際にはぜひお立ち寄りください。

 

http://destroyer.la/

 

 

Bar Nine@Culver City,Los Angels

2017.12

(もうだいぶ経ってますけど…)

年末に行ったLA・シアトル旅行で出向いたお店をこれからいくつか紹介します。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182436j:image

1軒目はこちらのお店、Bar Nineです。

 

LAダウンタウンとサンタモニカを結ぶエクスポラインという路線(電車)のちょうど真ん中あたり、Culver Cityというエリアにあるお店です。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182734j:image

入り口にはこのサインのみ。

超かっこいい。

 

f:id:kozou_kozou:20180415182804j:image

近づくとドアがあって、入ると1枚目の写真のような光景が広がります。

f:id:kozou_kozou:20180415182903j:image

このバリスタさん初め、スタッフの気さくな対応も素晴らしいんですが、とにかく腕がいい!

一応、こんなブログやってますんでそれなりにカフェ巡ってますけど、確実に自分の歴史に刻まれる素晴らしいラテでした。

 

f:id:kozou_kozou:20180415183040j:image

このクッキーも美味しくて…

 

f:id:kozou_kozou:20180415183111j:image

一口飲んで、口の跡が残るのは最高のラテの証ですよ。

f:id:kozou_kozou:20180415183232j:image

店内は驚くほど広々としていて

f:id:kozou_kozou:20180415183302j:image

(おそらくは)お近くで働く皆さんが、思い思いにリラックスされてました。

 

あまりに美味しかったもので、当然コーヒー豆も購入したのですが、ゲイシャも16ドルとかで買えて、日本との値段の差に驚きました(思わず「え?16?60でなく?」と聞き返してしまったほど)。

 

不思議なもので、素晴らしいバリスタは、例外なく手際も良くて。流れるような動きで、談笑しながらでもスピーディーに抽出やラテ作りをこなしていきます。もちろんこちらも例外にもれず。

 

味も雰囲気も居心地のよさも、ひとつの文句なくおすすめできるお店です。

お近くまで行かれる方はぜひ。

 

ところで、店内に飾られていたこのアート…

f:id:kozou_kozou:20180415183907j:image

上の方に入ってるサイン…MIKE Dって…ビースティーズのリーダーの…MIKE D!?

まじかよと思い、バリスタに聞いてみたものの「オーナーのだから全然わかんないんだよね」とのことでしたとさ。

 

Bar Nine
3515 Helms Ave, Culver City, CA 90232 アメリカ合衆国
+1 310-837-7815
https://goo.gl/maps/faNXrnLyRBJ2

 

https://www.facebook.com/BarNineLA/

 

https://barnine.us/

 

 

 

 

 

COLOSO COFFEE TOKYO@原宿

2017.06

 

東京の中でも密集具合トップクラスの街である原宿では、なかなかほっと一息つける場所を見つけることができません。

 

そもそも服やら靴やらカバンやら買いに行き、大きな荷物を持ったままカフェを探すのは大変なわけで、そのまま同じ店でコーヒー飲みながら休憩できれば最高なわけですが…

 

というような僕らの期待に応えた最高の店がこちらです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029203609j:image

COLOSO COFFEE TOKYOさんです。

  

f:id:kozou_kozou:20170918234940j:image

正面から見るとこんな感じ。

 

アパレルショップであるNordic Life Marketさんの入口に位置してます。

http://nlm.tokyo/

完全に余談ですが、僕はこちらで売ってる服も好きでよく買ってます。

f:id:kozou_kozou:20170918235013j:image

カフェは、カリフォルニアのオークランドにあるお店の二号店。二号店にして、いきなり海外というのがすごいですね 。

f:id:kozou_kozou:20171128005406j:image

こちらはドリップコーヒー以外ワンサイズなのですが、基本大きめたっぷりサイズです。ちょっとおトクな感じ。 

ビールやレモネードもあります。

 

(タバコすえるので僕は行かないのですが)なんと屋上にコーヒー持ち込んで飲むこともできます。

写真は敢えてあげてませんので(笑)

ご興味ある方は是非現地へ。

 

スタンドではありますが、リラックスできるイスもあり、原宿の喧騒で一息つける大事なスポットです。

 

COLOSO COFFEE TOKYO
03-3403-2772
東京都渋谷区神宮前3-21-1
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13201322/

 

 

 

THINK OF THINGS@原宿

2017.08

 

文房具にこだわりがある方は多いと思うんですが、僕も仕事で使うメモにはこだわりがありまして、KOKUYOのリングノートの表紙が硬いやつを使っています。

紙の書き心地と、表紙のちょうどいい硬さが下敷き代わりになってとても使いやすいのですが、売っているところが少ないところが難点です。

 

そんなKOKUYOさんが原宿に建てられた施設がこちらTHINK OF THINGSです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029212217j:image

 

 http://think-of-things.com/

 

1Fがショップ&カフェ、2Fがスタジオとしてレンタルスペースになっています。

最近は映画の上映イベント(Film about coffeeなど)もやってるみたいです。

 

f:id:kozou_kozou:20171029212402j:image

コーヒーは、安定のObscura Coffee Roastersさんによるもの。つまり間違いない。

 

f:id:kozou_kozou:20171119230027j:image

カウンターの横を抜けるとテーブル席がありまして、その先には(写真は中側から入口を撮ったものなので逆です)

 

f:id:kozou_kozou:20171119230140j:image

こんな感じのお庭もあります。

晴れていると本当に気持ちいい。

f:id:kozou_kozou:20171119230507j:image

 

f:id:kozou_kozou:20171119230108j:image

フードはパンのみなんですが、惣菜パン(ツナパンやらたまごパンやらコロッケパンやら)や菓子パン(あげパンやらあん&チーズパンやら)が充実していて、とても美味しいです。

 

f:id:kozou_kozou:20171119232254j:image

KOKUYO製品に囲まれながら(改めてそのかっこよさに気づくと思います)、美味しいコーヒーと美味しいパンがある。

書くとシンプルすぎますが、書いたままに実現することは相当難しいことです。

これこそがcool japanなのでは?と思わされる素晴らしい施設ですので、ぜひお出かけください。

 

シンク オブ シングス
03-6447-1113
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13209055/

東京茶寮@三軒茶屋

2017.01

 

今回はコーヒーでなく、お茶です。

 

名店Obscuraを擁する三軒茶屋に、お茶を面白く出してくれるお店が出来たということで行ってきました。

f:id:kozou_kozou:20170918000258j:image

東京茶寮さんです。

ちなみに、大変人気なご様子で。一時間待ちました(予約できます)。 

f:id:kozou_kozou:20170918000346j:image

店内には大きなコの字カウンター。

中にはお茶のバリスタさんが。

f:id:kozou_kozou:20170918000520j:image

メニューは煎茶2種飲み比べにお菓子が付いて1,300円。

f:id:kozou_kozou:20170918001054j:image

今回はこちらの二つを選んでみました。

f:id:kozou_kozou:20170918001303j:image

丁寧にグラムを計りながら茶葉を用意してくれます。

f:id:kozou_kozou:20170918001119j:image

抽出はこちらのドリッパーで。

まるでサードウェーブのお店です。

f:id:kozou_kozou:20170918001144j:image

お茶なので、しばらく蒸します。

f:id:kozou_kozou:20171005225649j:image

f:id:kozou_kozou:20171005234807j:image

くいっと上げると、ドリッパーにお茶が落ちるという仕組み。

f:id:kozou_kozou:20171005225807j:image

さて、いただきましょう。

二の煎、三の煎といただくので、気分はまるで三成が淹れたお茶を飲む羽柴秀吉といったところ。

f:id:kozou_kozou:20171005234543j:image

こちらはお菓子。

 

f:id:kozou_kozou:20171005234835j:image

もちろんお茶を購入することも可能です。

なかなか日頃、お茶をゆっくり飲む機会はないわけですが、茶室に行くのは敷居が高いし…という方にはうってつけ。

ゆっくりじっくりお茶の魅力に浸れるスポットです。

 

東京茶寮
東京都世田谷区上馬1-34-15
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13204215/

http://www.tokyosaryo.jp/