読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんなに逃げても、後からカフェが追いかけてくる

タイトルは大好きな映画「マグノリア」の名台詞から。別に逃げてもないし、追いかけられてもないです。

ISANA(沼垂テラス)@新潟市

2016.5

GWいかがお過ごしでしょうか。

僕は妻の実家(新潟)に帰省してたんですけども、その際に、新潟市内の元気な商店街「沼垂テラス商店街」を訪ねてきました。

f:id:kozou_kozou:20160506081756j:image

こちらはわずか2年前まで(他の多くの地域同様)シャッター通りだったものを、「このままじゃいかん」と一念発起した方々が再生し、今や若者がオシャレなお店を次々開店するという、おそらくかなり稀な地域再生の成功事例です。

※再生の旗振り役である、田村寛さんのご両親が経営されている「大佐渡たむら」は、本当に美味しい大衆割烹でオススメです。
f:id:kozou_kozou:20160506085740j:image

商店街の中には、素敵な北欧雑貨屋さんや、写真集に特化した本屋さん、本当に老舗なお店までありまして。

f:id:kozou_kozou:20160506085902j:image
f:id:kozou_kozou:20160506085954j:image
f:id:kozou_kozou:20160506090019j:image

もちろん素敵なカフェもあります。
f:id:kozou_kozou:20160506090124j:image
こちらは、残念ながら時間が合わず伺えなかったHOSHINO koffee & Labo.さん。
自家焙煎のコーヒーが飲めるとのことで、次回来訪するのを楽しみにしています。

というわけで長くなりましたが、今回お邪魔したのはこちら。ISANAさんです。

f:id:kozou_kozou:20160506120201j:image

f:id:kozou_kozou:20160506122336j:image

f:id:kozou_kozou:20160506121432j:image

f:id:kozou_kozou:20160506121449j:image

こちらは家具職人の方と染織家のお二人で商品の制作・販売をされているそうで。沼垂の店舗では、作成された家具を使ったカフェと雑貨販売コーナーが繋がった構成になっています。

f:id:kozou_kozou:20160506120528j:image

カフェ側から雑貨コーナーを見るとこんな感じ。

f:id:kozou_kozou:20160506121101j:image
コーヒーはその場で豆を挽き、一杯一杯丁寧にドリップしてもらえます。
※湯温もきちんと計ってらっしゃいました。

f:id:kozou_kozou:20160506121412j:image

ちょっとカフェブログとしては話変わっちゃいますけども、もう15年も前ですが、新潟市内の古町エリアにはこういう雰囲気があったんですよね。新潟出身の友人に連れられたり、奥さんと付き合ってた頃にデートしたりしてたんです。
今回沼垂を歩いてみて、なんだか、あの頃の古町が場所を変えて蘇ってきているようなそんな嬉しい感覚になりました。またステキな街並みが新潟に戻ってくることを祈りつつ、これからも沼垂を応援していきたいと思います。

http://www.isana-furniture.net

※ウェブサイトはスマホでなく、pcでご覧になることをオススメします。各店舗のシャッターが開くアクションがかわいいので。